剣術士

FF14のクラス(ジョブ)剣術士について


短剣から長剣まで、諸刃の直剣から片刃の曲刀まで、幅広い種類の斬撃主体の片手剣を主武器とする近接ファイター。様々なシチュエーションでの戦闘を余儀なくされる剣闘士の技を源流としているため、楯を持てば仲間を護る重戦士に、片手を空ければ攻撃主体の軽戦士にと、フレキシブルに戦場での役割を変えられるのが特徴。短剣は投げることもでき、武器戦術の幅も広い。

武器は佩剣のwikiページにて特集しています。

アクション


アクション名 R C 説明
ライトスラッシュ 1 0 斬撃ダメージ
スタブ 1 0 刺突ダメージ
レッドロータス 2 3 目標に火撃ダメージ
ランパート 4 3 自身の物理防御&魔法防御+
サークルスラッシュ 6 3 自身の周囲にいる敵に斬撃ダメージ
ファランクス 8 3 斬撃。敵視+。発動条件:防盾発動直後
挑発 10 3 標的を一時的に自身へ固定。敵視+
スピンストローク 12 3 斬撃ダメージ。敵から攻撃された直後以外物理攻撃+
プレシジョン 14 3 自身の物理命中+。物理回避-
ハウリングブレード 16 3 斬撃ダメージ。短時間目標の詠唱速度を遅くする
オブセス 18 3 物理防御+。ただし目標以外からの攻撃は物理防御-
オニオンカット 20 3 斬撃ダメージ
カバー 22 3 目標が背後にいる場合:目標が受けるダメージを肩代わりする。
ルミナススパイア 24 3 星撃ダメージ。魔法防御低下。目標の周囲の敵に「閃光」効果付与
ケイデンス 26 3 次のバトルレジメンモードによる攻撃時に物理攻撃+

特性


名称 R C 説明 習得方法
インペール 20 2 フィジカルボーナスによるDEX+5→MND+5に変換 ギルドトークンで習得
ラプチャー 20 2 フィジカルボーナスによるVIT+5→PIE+5に変換
マッスルメモリー 30 2 フィジカルボーナスによるSTR+5→INT+5に変換
セルフガード 30 4 盾備の効果時間1.5倍
インペールII 40 3 フィジカルボーナスによるDEX+10→MND+10に変換
ラプチャーII 40 3 フィジカルボーナスによるVIT+10→PIE+10に変換
マッスルメモリーII 50 3 フィジカルボーナスによるSTR+10→INT+10に変換
ソードマンシップ 50 3 剣術スキルのアクションに対する行動適性+10

特徴


【いろいろな役割がこなせるパーティーの守護神】

  • 着れる防具の種類が多く、かつ大型の盾まで装備できる、防御力に優れたクラスです。おのずと、敵の注意を引いて攻撃を一身に集め、仲間を守護する役割を求められることが多いでしょう。

  • 盾の運用が得意なクラスなので、“ディフェンダー”のようなイメージがありますが、ダメージを与える役割ももちろんこなせます。

  • “攻防一体”というか、攻撃も防御も比較的得意なクラスですね。何でもそつなくやれるので、人気の出るクラスになると思います。

  • 攻撃も“斬撃”と"刺突"のふたつの攻撃体系から選べるので、それぞれの利点や欠点を考慮しつつ戦えるのもいいですね。

  • 戦闘スタイルが豊富なクラスと言えます。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2010-10-17 09:30:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード