アーマリーシステム

FF14のアーマリーシステムについて


冒険者の職能は、武器を操る戦いの求道者「ファイター」、魔器を操る魔法の研究者「ソーサラー」、採集道具を操る自然の専門家「ギャザラー」、生産道具を操る職人「クラフター」に大別れされる。
個別の職能を極め、スペシャリストを目指してもよいし、アーマリーシステムを駆使し、ゼネラリストを目指してもよい。
憧れの職務「ジョブ」へと至る、成長の道はひとつではない。
すべては冒険者の選択に委ねられているのです。

ファイター


武器を装備したときにチェンジできる職業。
装備する武器の種類によってクラスが変化する。

  • 剣術士
    • 短剣から長剣まで、諸刃の直剣から片刃の曲刀まで、幅広い種類の斬撃主体の片手剣を主武器とする近接ファイター。様々なシチュエーションでの戦闘を余儀なくされる剣闘士の技を源流としているため、楯を持てば仲間を護る重戦士に、片手を空ければ攻撃主体の軽戦士にと、フレキシブルに戦場での役割を変えられるのが特徴。短剣は投げることもでき、武器戦術の幅も広い。

  • 槍術士
    • 両手で扱う槍を主武器とするファイター。 長柄武器のリーチを活かした、敵アウトレンジからの刺突を旨とする。また刺突以外にも斬撃や打撃など武器選択によって多彩な攻撃ができるのも特徴。強盛を誇ったアラミゴのイク兵の影響で、かつては長槍が流行していたが、現在は多様な形式が混在している。 通例、遠距離戦用に投擲型ジャベリンも携帯する。

  • 弓術士
    • 弓矢を主武器とするファイター。飛び道具の特長を活かし、遠距離からの狙撃や曲射を旨とする。 射掛けるのに有利なポジションを選んだり、異なる特性の矢を敵によって使い分けたりと、戦術的な判断を要求される。 エオルゼアでは、エレゼンの弓兵が得意とした長弓術とミコッテの猟人伝統の短弓術とが普及している。 また投石も得手とする者が多い。

  • 格闘士
    • 伝統的な護身術を修得し、闘器を主武器とするファイター。鍛え抜かれた拳は既に武器を帯びているに等しいが、手の延長上にある武器「闘器」を装着することによって、その破壊力はさらに倍加される。ただし、得意のクローズファイトに持ち込むためには、いかにして敵の懐に潜り込めるかが重要であるため、相手の注意を逸らす目的で投輪チャクラムを携帯する者もいる。

ソーサラ


魔器を装備した時にチェンジすることができる職業。
装備する魔器の種類によってクラスが変化する。

  • 呪術師
  • 幻術師

ギャザラー


採集道具を装備した時にチェンジすることができる職業。
装備する採集道具の種類によってクラスが変化する。

  • 鍛冶師
    • 鉄を加工し、道具や武器を生み出す金属のクラフター。工房で剣を鍛えたり、キャンプ地で短剣を研いだりと、時と場所を選ばず商売できる。その源流は古く青銅時代にまで遡り、その頃より徒弟制によって連綿と受け継がれてきた伝統の技と、鉄砲のような最先端の技が現在は渾然としており、流派も多い。主道具はクロスペインハンマー(十字鉄槌)。

  • 調理師
    • 食材や調理法に精通した食のクラフター。炎、水など属性を帯びた美味しい料理で人びとの御腹を満たす。有史前より専門職として確立していたが、レシピ本が刊行され、統合的な技術として認識されたのは近年。食通であり、自らも戦艦の厨房に入り浸りだった半西紀前のリムサ・ロミンサ提督シャーククリーバーの功績による。主道具はスキレット(平鍋)。

  • 裁縫師
    • 衣服のクラフター。繊維を集めて糸を紡ぎ、糸を集めて布を織り、布を集めて衣服を仕立てる一連の仕事を一手に任ずる繊維の専門家である。また人びとの多様な嗜好に応えられるよう、流行のリサーチやコーディネイトの提案も大切な仕事。紡車を回して人びとの命数を紡ぐとされる女神ニメーヤを信奉する者が多い。主道具はニードル(縫針)。

  • 革細工師
    • なめし革を縫い合わせて、ブーツ、ベルトなどの皮革製品を作りだすクラフター。狩猟を生業とする冒険者から日々持ち込まれる毛皮や鱗皮など多彩な皮を買い付けるのも仕事のひとつ。エレゼンの秘伝だった高度ななめし技術が解禁されたため、昨今は市場に流通する様ざまな製品に革が利用されており需要は多い。主道具はヘッドナイフ(革包丁)。

  • 錬金術師
    • 鉱物、霊物、呪物、神物など万物に精通するクラフター。物質を変質させることを旨とし、人びとを癒す秘薬と苦しめる劇薬という、背反する効能の薬品を作りだす。エオルゼアで系統立てた技術として確立したのは近年。近東より伝わった古式錬金術を基にするが、ララフェルの本草学やミコッテの神秘学も混在している。主道具はアレンビック(蒸留器)。


  • 最終更新:2010-02-18 21:54:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード